資金繰りがショートしそうになったらどうすればいいの?

事業運転資金を何とかするためにはどうすればいいの!?

 

企業にとって資金繰りがショートしてしまうことは、非常に危機的な状況と言えるでしょう。

 

事業運転資金が不足し赤字が続くと、最悪の場合、倒産を決断しなければいけないこともあります。

 

そんな時にビジネスローンや商工ローンなどの大口融資を利用して「つなぎ資金」を借入する方法がありますが、審査基準の厳しさから事業が悪化している状況では融資を断られてしまうことがあります。

 

万が一資金がショートし、ビジネスローンなどの審査で断られた場合には、別の資金調達方法をご検討ください。

 

その資金調達方法の一つとして「ファクタリング」という方法が挙げられます。

 

 

聞き慣れない言葉かもしれませんが、ファクタリングというのは企業の売掛金を買い取ってもらえるサービスであり、安定した売掛金があれば即日の資金調達が可能です。

 

個人事業主の利用は出来ませんが、「来月の売掛金の入金が100万円以上」予定されていればファクタリングが可能で、まとまった資金が最短即日で手に入ります。

 

「でも売掛金を買取してもらったことを取引先に知られてしまうのでは?」と心配する方も多いかと思いますが、その点はどうぞご安心ください。

 

取引先にはバレる湖とは一切なく、秘密厳守でファクタリングは可能です。

 

また、ファクタリングは融資ではありませんので企業の信用問題に影響することもありません。

 

条件を満たせていれば、銀行返済の条件変更中(リスケジュール)でもOK!

 

赤字・債務超過でも問題はありませんし、担保不動産や保証人がなくても利用可能です。

 

ビジネスローン・商工ローンなどを断られてしまい、本当に運転資金に困っている場合は、まずは相談してみるといいでしょう。


 

銀行や消費者金融などのカードローンは。少額のお金を手早くキャッシング出来る便利なサービスです。

 

その為、生活費の補填や急な出費の際に役立ちます。

 

ですが法人企業などの中には資金繰りに困り、何十万円〜何百万円ものまとまったお金が必要という会社も多くいらっしゃるかと思います。

 

通常のカードローンでは小口の金額を借りることは可能ですが、ビジネスローンのようにいきなり大きい金額の借入はまず難しいです。

 

そもそも、融資というのは借入限度額が初めに設定されてしまい、徐々に枠を広げていくしかないからです。

 

また、ビジネスローンや事業資金融資ともなると、よほど事業計画書がしっかりしていなければ銀行で借りるのは相当困難です。

 

もし、まとまったお金を融資してもらうには売掛金買取サービスのファクタリングなどの利用も検討したほうがいいでしょう。

 

 

しかし、中小の消費者金融なら審査が甘い業者が多いので、多少融資を受けやすことは確かです。

 

ただ、申し込んでも直ぐに借りれるワケではなく、ましてや大口の金額を融資してもらうのは厳しいでしょう。

 

そもそも、中小のサラ金業者は即日融資に対応しているところがまだまだ少ないのです。

 

また、店舗の周辺地域の住民にしか融資を行っていない業者も多く、使い勝手が悪いのが中小貸金のデメリットでもあります。

 

 

審査の緩い中小金融に対し大手の消費者金融であれば、即日借入れ対応もちろん全国でも利用可能な業者が多いので安心です。

 

ただし、消費者金融はビジネスローンを扱っている業者はあまりいないので注意しましょう。

 

もし売掛金gあ安定して毎月発生している企業であれば、まずはファクタリングの無料見積り診断テストなどをチェックしてみるのがいいでしょう。

 

資金繰りが厳しいという経営者の広はここも参考にどうぞ⇒資金繰りがショート寸前!融資してもらうにはどうすれば?

 

 

 

消費者金融には大手と中小があり、ユニーファイナンスは後者の中小の部類に入ります。

 

東海地方を主として名古屋・三重・岐阜と幅広く展開している会社であり、個人のフリーキャッシングから法人向けのビジネスローンまで様々な融資商品が用意されています。

 

不動産を担保に入れることで最長10年間の返済期間で3000万円までの借入が可能で、また無担保型のビジネスローンもあり、こちらは最大300万円までとなります。

 

事業運転資金のショートにより、資金繰りが大変になった際には、資金繰り方法の一つとしてユニーファイナンスも選択肢に入るかと思いますが、決して甘い審査ではありません。

 

中小のイメージとして、緩い審査で簡単に通りやすいという印象があるかと思いますが、現実には銀行などの金融機関とそれほど変わらずかなり厳しい審査で、断られたということが多いようです。

 

事業資金の融資となると、会社の業績を見たり厳しくチェックが入ります。

 

もちろん、経営が傾いている赤字の企業にはなかなか貸付はしてくれないでしょう。

 

 

仮にユニーファイナンスで借入を断られた場合、ファクタリングで資金調達することをオススメします。

 

ファクタリングのシステムとは、現在ある売掛金を買い取ってもらう取引のことであり、安定した売掛金があり、ファクタリングをする翌月に100万円以上の入金予定があれば即日に現金化することが出来るのです。

 

ただしファクタリングは個人事業主という立場での利用は出来ませんのでご了承ください。

 

まずは無料の見積チェックをファクタリング会社の公式HPで試してみるといいでしょう。

 

法人、または個人事業主で長野県信用保証協会の保証を受けられる方を対象として長野銀行のビジネスローンである中小企業支援緊急融資「チャレンジIII」でしたら、担保不要で最高一億円までの借入が可能です。

 

また個人事業主限定となりますが、ながぎん個人事業者ローン「クイック300」・「クイック500」は、申し込み手続きが簡単でスピーディーに事業運転資金やつなぎ資金などといった資金繰りをすることが出来ます。

 

上記2つのビジネスローンは、資金ショート時の事業再生に大きく貢献してくれますが、やはり銀行という金融機関の融資商品となるので甘い審査ではなく、厳しい基準が課せられます。

 

他にも色々と緩い審査で通りやすいビジネスローンを調べてみましたが、現実として金融機関では難しく、断られた会社や企業は多くあるみたいです。

 

しかし資金繰りをしなければ会社存続の危機の場合には、なんとかして資金調達をしなければいけませんよね。

 

 

そこで利用したいのがファクタリングであり、安定した売掛金のある法人で、来月100万円の入金が予定されていれば即日に売掛金を買い取ってもらい、それを事業運転資金に当てることが出来るのです。

 

融資ではありませんので、銀行とは異なる審査基準なのもファクタリングの特徴となります。

 

バランスシートに「負債」として記録されることも無く、即日での資金確保も可能なのです。

 

まずはファクタリング会社でいくら資金調達できるか、無料見積診断などを試してみましょう。

 

滋賀銀行(しがぎん)には多種多様のビジネスローンがあり、中でも注目されているのが農業を営んでいる方に対して融資を行っているアグリビジネスローンです。

 

滋賀県農業信用基金協会の会員、または滋賀県内の農業協同組合の組合員の方で、1期以上の決算実績という条件がありますが、無担保で原則800万円までの借入が出来ます。

 

新しい設備費用の資金繰りや、事業運転資金ショート時のつなぎ資金などに活用でき、事業の立て直し資金にも有効的です。

 

もちろん、滋賀銀行でも他の金融機関と同様に厳しい審査に通過しなければいけません。

 

そのため、しがぎんビジネスローンは残念ながら甘い審査基準ではなく、個人・法人問わず通りやすい基準とは言えないでしょう。

 

例えば中小と呼ばれる知名度の低い金融業者でしたら、比較的に甘い審査となることから、しがぎんで断られた場合でも借りれる可能性があります。

 

しかし緩い審査にはワケがあり、その分利息が高いというデメリットがあり、また信頼性の問題もあります。

 

 

資金繰りを必要としている場合には、お金を借りるのではなく、ファクタリングを利用して今現在ある売掛金を買い取ってもらうことをオススメします。

 

それによって即日スピード資金調達も可能なのです。

 

会社や企業に限定される取引であり、その他にもいくつか条件がありますので、まずは無料見積もり診断をしてくれるファクタリング会社のサイトを確認してみてください。

 

個人事業主やベンチャービジネス、商店、会社経営者などに対して融資を提供している三鷹産業のビジネスローンは、当座を持っていなくても借入することが出来ます。

 

最大で1000万円までの借入が可能で、事業運転資金をすぐにでも必要としている時などに資金面のサポートをしてくれます。

 

法人の場合は、代表者の連帯保証が必要となりますが、個人事業主でしたら原則として無担保無保証となります。

 

このことから「もしかして緩い審査基準で簡単に通りやすいのかも」という印象があるかもしれませんが、三鷹産業の融資審査でも一般的な金融機関と同様にかなり厳しい審査で返済能力が認められなければいけません。

 

運転資金のショートで、どうしてもつなぎ資金などの資金繰りをしなければいけない時というのは、やはり甘い審査で断られたくないと考えるものです。

 

しかし三鷹産業は厳しめの審査ですので、ファクタリングと呼ばれる資金調達方法を選んでみると良いかもしれません。

 

 

ご存知の方も多いかと思いますが、ファクタリングとは売掛金を買い取ってもらい、まとまったお金を即日に調達出来る取引となります。

 

詳しい条件などは無料の見積もり診断サイトを確認してみてください。

 

もちろん決して違法行為では無いので、安心して資金調達をすることが出来ます。

 

三重県内に28ヶ所の営業拠点を持つJFマリンバンクみえでは、事業運転資金やつなぎ資金などを目的としたビジネスローンを取り扱っています。

 

青色申告者には最大で500万円、白色申告者の場合は最大200万円の商工ローンを組むことができ、ちょっとした資金繰りが必要な際に、倒産の危機を救ってくれる手助けとなってくれることでしょう。

 

しかし実際問題として、資金ショートで赤字が続いているとJFマリンバンクみえだけではなく、あらゆるビジネスローンで融資を受けることが難しくなります。

 

審査基準が甘いビジネスローンへ申し込みをしたいという気持ちはよくわかりますが、残念ながら審査に通りやすい緩いビジネスローンはありません。

 

 

ビジネスローンを利用しての借入で断られた場合、例えばフ
ファクタリングサービスを利用して資金調達をするといった方法
があります。

 

簡単に言ってしまえば、会社の売掛金の買い取りサービスのことであり、来月の売掛金が100万円以上あれば、一切待つこと無く即日に資金調達が出来ます。

 

他にも安定した売掛金があること、また個人による事業主ではファクタリングを利用出来ないという条件がありますが、ビジネスローンに代わる資金調達方法として覚えておくと良いでしょう。

 

住信SBIネット銀行では個人向けの小口の融資商品は取り扱っていますが、ビジネスローンと呼ばれる法人向け金融商品は提供していません。

 

これから先、もしかしたら住信SBIネット銀行でもビジネスローンの提供が始まる可能性はありますが、やはり銀行ということで甘い審査基準で設定することは無いと考えられます。

 

そもそも企業の事業運転資金やつなぎ資金といったものは、主に取引先への支払いや従業員への給与支払いなどに利用することになるため、必然的に大口の融資が必要になります。

 

商工ローンのような大口融資に対して緩い審査で通りやすいとその分、債権側に大きなリスクが生じます。

 

 

赤字が続き運転資金がショートしてしまい、どうしても資金繰りをしなければいけない時には、ファクタリングで資金調達をしてみてください。

 

 

 

企業向けのサービスであり、個人事業主の利用は出来ませんが、毎月安定した売掛金があり、来月100万円以上の入金が予定されていれば、即日に資金調達も出来ます。

 

「ビジネスローンで断られた」「借入しなければ倒産してしまうのにどこも貸してくれない」そんな時にはきっとファクタリングが会社の危機を救う唯一の手段となることでしょう。

 

銀行による貸し渋りが当たり前となってきている現在、ファクタリングは大変重宝する存在と言えます。